前のページへもどる

次のページへいく

西暦 和暦 月日 摘 要
1951年 昭和26年 1月25日  桶川公民館上日出谷分館が開設される。
4月23日  加納村長に本木侯一郎氏、川田谷村長に内田忠次郎氏が就任する。
6月11日  桶川町長に増田秀吉氏が就任する。
7月28日  桶川町議会は、桶川町教育委員会の再開を決議する。
10月  警察法の一部改正により、住民投票の結果、自治体警察の桶川警察署が廃止され、国家地方警察鴻巣警察署の管轄となり、桶川警部補派出所が設置される。
1952年 昭和27年 4月1日  桶川小学校の分校が大字桶川558(現西1−4−27)に開校する。
 この年、加納公民館が大字坂田945に開設される。
1953年 昭和28年 4月1日  大字大谷領町谷は、大字町谷に改められる。
11月14日  熊野神社古墳の出土品は、重要文化財(考古資料)に指定される。
1954年 昭和29年 9月24日  桶川町では町村合併推進協議会を設け、第1回会議を開催する。
10月18日  加納村長に岡地冨代氏が就任する。
 この年、桶川警部補派出所は桶川警部派出所となる。
1955年 昭和30年 1月1日  桶川町・加納村を廃し、新たに桶川町を設置する。
3月10日  桶川町・川田谷村を廃し、新たに桶川町を設置する。
4月13日  桶川町長に栗原欽寿氏が就任する。
8月  町内に工場新設を奨励し、町勢の進展を図ることを目的として、桶川町工場設置奨励条例が制定される。
 加納(桶川・川田谷は後に)に体育協会が設置される。
9月1日  新生桶川町は、「桶川町政だより」を創刊する。
 このころ、陸田造成が始まる。
1956年 昭和31年 2月12日  第1回桶川町成人式が開催される。
4月1日  上尾町大字井戸木字後(うしろ)の区域が桶川町に編入される。(翌2日に一部は分離し上尾町に編入)
12月10日  桶川中学校の校庭隣接地に戦没者慰霊碑が建立される。

トップページへもどる

桶川中の歴史メニューへもどる

桶川市の歴史(2)

埼玉県桶川市立桶川中学校